読み書きだけでは意味がない

いくら単語を勉強し、その単語を理解したとしてもそれで英会話が話せるかどうかは分かりません。
机上で見る言葉であればその単語がどうであるか理解出来たとしても、実際に言葉を話された時にその言葉を聞き取れるかどうかということが重要だからです。
本場の英語というのは大変流暢であるため、英語を公用語としていない我々日本人にとっては非常に聞き取りづらいものとなっているのです。
そのため、このような机上の勉強も良いですが、英語圏に海外留学をして本場の英会話を学ぶということが大事になってくるのです。

海外留学を経験することにより、常に本場の英語を聞き取ることが出来るのです。
英会話というのは、会話のキャッチボールをするという意味であるため、お互いがお互いの言葉を正確に聴き取れなければ成立することはありません。
しかし、日本人にとって英会話とは未知の領域であるため、海外留学を経験してまずは英語を聞き取るところから始めるのが良いです。
海外留学をすることによって英語を耳に入れるということを繰り返すことにより段々耳が英語に慣れていくことになります。
そうすることにより、英語を聞き取る能力というものが付いてくるのです。

おすすめサイト

セブ島への留学が大注目されているんですよ:ユニバース外語学院
スピードラーニングに興味があるなら:スピードラーニングを聞き流してみた
子供の英会話スクールならこちらがオススメ|リップルキッズパーク
ビジネス英会話といえばここ|7アクト

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031